MENU

一番得するWiMAXプロバイダはどれ?

WiMAXはすべて同じ回線を使っています。だからエリアも速度も一緒です。しかしWiMAXプロバイダによって料金やキャンペーン内容が全然違います。一番オトクなWiMAXプロバイダはどれなのか、以下の比較をご覧ください。

 

WiMAXプロバイダ比較表

 

プロバイダ キャッシュバック
GMOとくとくBB 33000円
BIGLOBE 20000円
UQ WiMAX 3000円

 

結論!GMOとくとくBB WiMAXが最強にオトク!

GMOとくとくBB WiMAXは1年間にかかる費用が最安です。しかもキャッシュバック金額も33000円ですから、さらに安くなります。実質7ヶ月は無料でWiMAXを使える計算ですよ。これはスゴイですね。

 

>> GMOとくとくBB WiMAX 33000円キャッシュバックの詳細はこちら

 

*キャンペーンは今月末に終了するので、申し込むならお早めに!!

 

 

出先でノートパソコンを利用したい場合、あると便利なのがインターネットへの接続環境です。携帯電話などに接続して通信する方法もありますが、これは通信速度が遅く、大規模なウェブサイトを閲覧するには実用的ではありません。そこで便利なのがWiMAXです。これはノートパソコンなどと微弱な電波で接続し、実際のインターネットには携帯電話と同等の電波を使って接続を行います。普段使っているデバイスでWiFiの接続設定が行われていれば、簡単に使用できるものですWiMAXを使うのに必要なものは、WiFiでの通信が可能なパソコンやタブレット端末、そしてWiMAXを利用するためのキャリアとの契約です。WiMAX自体は電池で駆動するものが多いので、必要であれば予備の電池を持っておくと安心です。WiMAXをインターネットに接続すれば、後はデバイスの側でWiFi接続の操作を行うことで通信が可能になります。機器自体は名前の通りポケットに入るほどの小型のものですので、持ち歩く場合にも邪魔になりません。WiFiが設置されていない場所でも、キャリアの電波が届く場所であれば概ね利用が可能です。ただし、携帯電話と同様の電波を利用するため、地下や辺鄙な場所では利用できない可能性があります。あらかじめ、利用するであろう場所について調べておくのは忘れないようにしましょう。

 

同じWiMAX。でもプロバイダごとに価格が全然違う!

WiMAXプロバイダはその名の通り、WiMAXの接続サービスを提供しています。だからエリアや速度、規制などサービス内容はすべて一緒です。でも料金はプロバイダによって大きく異なります。

 

月額料金だけ判断するのは危険です。キャンペーン内容、初期費用、端末費用など総合的に評価した上で、おすすめランキングを決定しました!

 

GMOとくとくBB WiMAX
1年間にかかる費用をすべて計算してみると、GMOとくとくBB WiMAXが最安です。なんといってもキャッシュバックが2年契約だと33000円も貰えるのが最強です。1年契約だと月額料金が少し安くなります。

 

さらに現在WiMAXはローカルIPアドレスを付与しているため、IPアドレス変更ができません。しかし唯一GMOとくとくBB WiMAXだけは、メールで申し込むと無料でグローバルIPアドレスに変更してもらえて、IPアドレス変更し放題です。

 

>> GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

月額料金 初期費用 キャンペーン
3609円 0円 33000円キャッシュバック

 

BIGLOBE WiMAX
「タブレット端末が欲しい」と思っている方にはBIGLOBE WiMAXをおすすめします。GMOとくとくBBと比較すると、月額料金や初期費用が若干高いですが、Kindle Fire HDのプレゼントキャンペーンが魅力です。

 

>> BIGLBOE WiMAXの詳細はこちら

月額料金 初期費用 キャンペーン
3620円 3240円 20000円キャッシュバック

 

UQ WiMAX
UQ WiMAXはWiMAXの本家本元です。すべてのプロバイダがUQ WiMAXの回線を利用しています。だから回線の安定度や信頼性は抜群です。また、Try WiMAXという無料お試しサービスがあるので、エリアに不安がある方は活用してみましょう。

 

>> UQ WiMAXの詳細はこちら

月額料金 初期費用 キャンペーン
3696円 3000円 商品券3000円

 

初期費用だけ見るのは駄目!

このランキングではすべての費用やキャンペーンを計算した上で作成しています。他のサイトで「月額料金最安値!」などとBroadWiMAXをおすすめしていたら信用しないでください。

 

BroadWiMAXの月額料金は確かに安いです。2856円ですからダントツですね。しかし他のプロバイダは初期費用が0から3000円程度なのに、BroadWiMAXは21857円もかかります。騙されないようにご注意ください。

 

やっぱりGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

GMOとくとくBB WiMAXにはBroadWiMAXのように隠れた費用はありません。どれも業界最安級です。1年間にかかる費用、2年間にかかる費用を合算すれば、一番安いとすぐにわかります。

 

そして他のWiMAXプロバイダにはない高額キャッシュバックは本当に嬉しいです。33000円貰えるわけですから、約7ヶ月実質無料ですよ!こんなにお得なWiMAXプロバイダは他にありません!

 

 

おすすめのWiMAXルーター端末

薄い!軽い!長持ち!

WiMAXは料金やキャンペーンで選ぶ人がほとんどです。確かにそれらは非常に重要です。でも1つ忘れていませんか?それはWiMAX端末です。毎日使ったり、持ち運んだりわけですから、WiMAX端末の使いやすさも考える必要があります。

 

しかし、WiMAX端末やルーターはたくさんあります。重量、大きさ、バッテリーの持ち、キャンペーン対象かどうか・・・などWiMAX端末によって大きく異なるのです。

 

あなたがWiMAXをどういう場所で使うのかによって、選び方は変わります。以下に詳しく解説していきますね。

 

自宅でも外でも使いたいならMobileSlim!

多くの方はWiMAXを外出先で使うのではないでしょうか。スマートフォンやノートパソコンを高速インターネットに接続して、あらゆる場所で使えるのがWiMAXのメリットですよね。

 

そんな方におすすめしたいのは「MobileSlim」です。MobileSlimは信じられないほど薄型で軽量です。私は以前、別の端末を使っていたのですが、MobileSlimに変更した時、「え?こんなに小さいの!?」と本気で驚きました。

 

連続通信してもバッテリーは12時間も持ちます。10時間しか持たないWiMAXが多いので、MobileSlimの優秀さがわかります。同時接続は8台まで可能です。他の端末は最大5台程度ですね。

 

MobileSlimを扱っていて、高額キャッシュバックキャンペーンの対象にしているWiMAXプロバイダはGMOとくとくBB WiMAXです。1年契約では何もキャンペーンはありませんが、2年契約だと33000円キャッシュバックが貰えます。

 

自宅でしか使わないならURoad-Home

自宅用のWiMAXルーターなんてものもあります。携帯用のWiMAX端末をホームルーターにすることも可能なのですが、やはり電波を強く発信できて、置き場を固定できるURoad-Homeのほうが使いやすいです。

 

URoad-Homeは有線LANポートが2つあります。携帯用のWiMAX端末との一番の違いかもしれませんね。インターネット回線の速度が確実に安定します。そして12台まで同時接続可能なのでおすすめです。

 

URoad-Homeを扱っているのはBIGLOBE WiMAXです。タブレット端末のプレゼントキャンペーンもやっているので、是非チェックしてみてください。

 

 

WiMAXの賢い選び方

「よし!WiMAXに申し込もう!」ちょっと待って下さい。WiMAXにはいくつものプロバイダがありますよ?なんとなく適当に選んだら損をするかもしれません。最低限チェックすべき項目というものがあります。

 

初期費用と月額料金は同時にチェック!

WiMAXプロバイダの料金比較をしているサイトの中には、月額料金だけを取り上げているものがあります。実はこの方法、かなり危険です。なぜなら月額料金が安くても、初期費用が28000円以上なんてWiMAXプロバイダがあるからです。

 

だから月額料金をチェックしつつ、初期費用や事務手数料が無料のWiMAXプロバイダを選ぶのが正解です。GMOとくとくBB WiMAXは初期費用無料なので安心です。

 

契約期間は1年?2年?

WiMAXの選び方で注意して欲しいのが、1年契約と2年契約があることです。プロバイダによっては1年と2年の両方を用意していることもあります。でも2年だけしかないプロバイダもあります。

 

1年契約だと1年間使えば、いつでも解約できます。2年契約だと2年間使い続ける必要があります。違反するとキャンペーン違約金が発生します。

 

となると、1年契約を選ぶのが賢いと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。1年と2年とではキャンペーン内容が異なるケースがあるのです。どうせ長く使うのだったら、2年契約したほうが絶対にお得です。

 

キャンペーン内容を比較しよう!

私がWiMAXの選び方で一番大切だと思っているのがキャンペーンです。料金自体はどのプロバイダもそこまで差はありません。しかしキャンペーンによって、総合的にかかる費用が桁違いに変わるのです。

 

例えば、GMOとくとくBB WiMAXとUQ WiMAXを比較してみましょう。どちらも2年契約で申し込んだ場合、GMOとくとくBB WiMAXは33000円ものキャッシュバックが貰えます。でもUQ WiMAXは商品券3000円だけです。

 

その差20000円です。月額料金に換算したら6ヶ月分も違います。つまりキャンペーンも計算しないと本当にお得なWiMAXプロバイダはわからないのです。ちなみに現在、最強にお得なのはGMOとくとくBB WiMAXです。

 

 

WiMAXの1年縛りと2年縛りを比較

WiMAXを検討している人でも意外と気にしないのが契約年数です。ほとんどの場合、1年契約と2年契約があります。「契約期間ずっと使い続けてくれる」ことを前提とした料金をWiMAXプロバイダが設定しています。

 

キャンペーンを適用した場合、契約年数に達していないのに解約すると「キャンペーン違約金」が発生します。つまり1年契約なら1年以上、2年契約なら2年以上使わなければいけません。

 

1年契約と2年契約は何が違うの?

ここまで読むと「1年契約を選んだほうがいいに決まってる!」と思うでしょう。しかし、そう簡単な話ではありません。そもそも1年縛りと2年縛りとでは料金やキャンペーン内容が大きく異なるのです。

 

WiMAXプロバイダ側の気持ちを考えてみましょう。長く使ってくれる人を優遇したくなりますよね。そうです。2年契約のほうが料金が安かったり、キャンペーン内容が豪華だったりするのです。

 

プロバイダ別に比較

それでは具体的にどれくらい違うのか見てみましょう。

 

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXには少し前まで1年契約がありました。でも今はありません。全部2年契約です。33000円キャッシュバックを貰えるのは2年契約のみです。

 

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXには1年縛りと2年縛りがあります。1年縛りの場合は、キャンペーン対象になりません。ただ、ちょっと微妙なのが「13ヶ月以上の契約」の場合はKINDLE PAPERWHITEの端末が貰えます。ある意味これが1年縛りと言えます。

 

2年縛りを選ぶとKINDLE FIRE HDのタブレット端末が貰えます。公式サイトの表記が小さくて気づきにくいですが、契約年数によって貰える端末が違うことを覚えておきましょう。

 

結論!2年縛りのほうがお得!

あなたがこれまで使ってきたADSLや光回線のことを思い出してください。1年で解約したことありますか?普通は2年どころか3年以上使いますよね。WiMAXだって同じです。

 

私もそうですが、もう3年以上使っています。そんなにすぐに「解約したい」とは思いません。実際すごく便利で、生活必需品になっているからです。だからキャンペーン内容がしょぼい1年縛りではなく、キャンペーンが豪華な2年縛りをおすすめします。

 

 

WiMAXが規制なしって本当?

ワイモバイルを使っている知人からこんな話を聞きました。「ワイモバイルは7GBしか通信できない。すぐに規制がかかっちゃうから使いにくいよ。」確かにワイモバイルには帯域制限があります。ちょっと使っただけで速度が激遅になります。

 

そしてこんなことを質問されました。「お前はWiMAX使ってるよね。WiMAXは規制なしって本当?」と。言われてみるまで気付かなかったので、WiMAXの速度制限について調べてみました。

 

WiMAX2+の制限はちょっと複雑!

WiMAX2+には月間の速度制限はありません。だから「使い放題」「ギガ放題」などと書いてありますが、実は裏があります。確かに月間の速度制限はありませんが、直近3日間の通信制限はあります。直近3日間でWiMAX2+を3GB以上通信すると、規制がかかってしまいます。

 

もう1つ気をつけなければならないことがあります。WiMAX2+のプランは「ハイスピードプラスエリアモード」と「ハイスピードモード」があります。ハイスピードプラスエリアモードを選ぶと4G LTEを利用できるメリットがあります。しかし7GBの月間制限が適用されてしまいます。だから私は月間制限のないハイスピードモードをおすすめします。さらにギガ放題のプランを選べば快適にWiMAXを使えます。

 

GMOとくとくBB WiMAX
1年間にかかる費用をすべて計算してみると、GMOとくとくBB WiMAXが最安です。なんといってもキャッシュバックが2年契約だと33000円も貰えるのが最強です。1年契約だと月額料金が少し安くなります。

 

さらに現在WiMAXはローカルIPアドレスを付与しているため、IPアドレス変更ができません。しかし唯一GMOとくとくBB WiMAXだけは、メールで申し込むと無料でグローバルIPアドレスに変更してもらえて、IPアドレス変更し放題です。

 

>> GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

月額料金 初期費用 キャンペーン
3609円 0円 33000円キャッシュバック